就活・転職

日本企業のみなさん新卒信仰はもうやめませんか?

Pocket

 

 

 

 

ふと日本の企業の新卒信仰っておかしいよなーと思ったので記事に書きます。

備忘録兼、メモ帳です。チラ裏だと思って読んでください。

 


 

目次

記事トップ

新卒採用信仰はおかしいよ


 
 
 

新卒採用信仰はおかしいよ

これは日本の企業のおかしいこと筆頭だと思います。

 

 

新卒というだけで求人広告は格段に多い上、入社できてしまえば能力に関係なく一律の給料、待遇で働ける。

なんならクビにさえならなければはたらかなくても一律新卒待遇で会社にいられる。

新卒でいい会社にはいるのが一番と言われている現状はおかしくないでしょうか。

 

中途採用だとできること、やってきたことで給与待遇が決まるのに、大卒(見込み)ってだけでそれなりの対応をしてもらえるっておかしくないでしょうか。

新卒は可能性採用ですというのが最近流行っている謳い文句らしいですが、その可能性が見抜けてない or 可能性を伸ばせていないから二年目、三年目での離職率が高いのではないでしょうか。

 

 

それでは可能性採用に対する能力採用ではどうでしょうか。私はこう考えます。

能力採用は可能性採用よりはマッチングが良さそうですが、企業で活かせることをドンピシャでやっている学生は少ない上、企業は学生の能力を活かせない(教育できない)ことが多いためどっちにしろ地獄です。

明確にやりたいことをもって入社した人間もやりたいことができないのなら二年、三年と経たず転職していくのではないでしょうか。

 

加えて新卒で能力があるといっても、中途採用には劣るでしょう。中途社員は新卒より明らかに能力が高くて、自分の得意なことがわかっているから、企業は要求する人材と当たる可能性が高いはずです。

と、私はこう考えているのですが、中途採用に関する情報は新卒採用情報よりも圧倒的に少いのが本当に理解できません。

 

 

さらにさらに、新卒と第二新卒の間にも待遇の差があるのはおかしいと思います。

第二新卒は一般に「新卒で入社して3年未満の求職者」のことを指しますが、これは企業の裁量によって扱いが異なります。

私は現在第二新卒で転職活動中です。転職にあたり、大学在学中に利用していたサイトも利用しているのですが、募集要項には「大卒見込み者と既卒3年以内で業務経験のないものに限る」といった募集案件が多いです。

既卒3年以内で業務経験のないものに限るという文面がどのような意味合いで使われているのか私には理解できません。

 

大卒見込者と既卒フリーター3年の者が同じ待遇なのもおかしいと思いますが、なによりも大学卒業後に同じ3年間という時間を過ごした場合、なにもしないでニートをしていたほうが、就職したものよりもこの募集案件については有利というのも私には解せません。

新卒でいい会社にはいるのが一番と言われている現状をよく表している事例だと思います。

 

 

 

上記の事態を総括すると、企業の本音は

企業であらたに教育する必要のない程度に専門的な技術はあるけど、社会に染まっていないまっさらで若い人がほしい。

ということになります。

 

 

こういった人材ははだれが初めに例えたか、「床上手な処女」といわれるものになります。

一読しておかしいことがおわかりでしょうか。

 

 

実際にはそんな「床上手な処女」こと「働いてはいないけど、専門分野のことならどんと来い。加えて業務への応用もしっかり勉強している真面目な学生」は

高い能力を就職先の企業で示すより先に企業協賛のイベントや学生起業で実力を発揮していることでしょう。

この時点で社会に染まっていないまっさらな人間というのは存在しないことになります。

あえて言わせてもらいますが、そもそもそんなデキる学生がいたとしても、数多いるボンクラ企業に入社するでしょうか?

もう一度いいますが、そこまで優秀な学生は企業協賛のイベントや学生起業で実力を発揮しています。

 

 

つまり企業が優秀な人材を確保したいのなら

・イベントやその学生のスポンサーとなり在学中にヘッドハンティング

・ボンクラ学生を採用した後に自分で教育

以上の二点を愚直にやり続けるしかないのです。

 

 

過度な新卒信仰はそろそろ辞めにしませんか?

 

 

記事トップ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。