コラム

新社会人がブログを書く利点をまとめてみた

Pocket

 

 

 

 

ぼんじり

新社会人よ、今すぐ筆ならぬキーボードを取れ!

新社会人総ブロガー時代の幕開けじゃ!

 

 

と言いたかったので書かせていただきました。

新社会人よ、とにかくブログを書け…いいことしかないぞ…

 

 

目次

記事トップ

この記事の趣旨

ブログをはじめたきっかけはイケハヤさんの影響

新社会人がブログを書く利点

1. 世の中を見る目が変わった

2. ストレス発散になる

3. 自分を保つことができる

まとめ

 


 
 
 

 

この記事の趣旨

ぼんじり

この記事の内容は

私が新社会人だった頃の体験談になります。

 

 

ぼんじり

ブログを書き始めたら

自分はこんなふうに変わったよ!

と言うことを書かせていただきます

 

 

ブログをはじめたきっかけはイケハヤさんの影響

今やブロガー界隈では知らない人がいないほどの大君、イケダハヤト氏。

当時のイケハヤさんのブログタイトルは「まだ東京で消耗しているの?」といったもので

 

ぼんじり

この人、世間的な流れに逆らってるぞ!

なのに説得力があるのがすごい!

と感じたことを今でも覚えています。

 

 

 

そんなイケダハヤトさんを見て

ぼんじり

自分もネットで好き勝手言ったろ!!!(暴論)

 

と思い、ブログを始めた私です。

しょーもない理由です。

好き勝手言える場所、それがブログ。

 

 

 

1. 世の中を見る目が変わった

 

さっそくですが、ブログを始めてよかったこと一発目!

世の中を見る目が変わった

 

具体的にどう変わったかというと

物事の本質を見ようとする癖が付きました。

 

 

 

私はブログを書くときには必要な情報を集めるために、いろんな記事を読みます。

でも、世の中にはなにがいいたいのかわからない記事なんかもたくさん存在しますよね。

そんな記事は必要な情報を集める際にすごく邪魔なものに感じてしまいます。

 

見えない勢力

そんなお前は大層な記事を書いているんやろなあ!

 

と言われそうですね。

私もできるだけ読んだ人のためになるような情報発信を心がけていますが、自分は他人とは違うので、どうしても他人が100点を付けてくれるような記事は書けません。

しかしこれを抑えておけば80点くらいなら取れる。そんなものがあります。

それが物事の本質です。

 

 

 

はじめの話に戻りますが、世にはびこる不要な情報たちには本質が備わっていません。

例えば内容の不足した記事は味のない料理、出典が不明な情報は産地や生産者のわからない食材に相等すると私は考えています。

そんな料理や食材にお金を払う、時間を掛ける方はいませんよね。

これは料理にはおいしさ食材には透明性が備わっていることが本質として求められているために起こります。

 

必要なもの=本質

 

これがないものは何者かもわからないものになります。

 

私はブログが読まれるためには世のみなさんが求めるもの(本質)を理解して文章にぶち込むことが不可欠だと感じました。

ここまで言っておいてなんですが、それに気づいたのは最近になってからですがね。

 

 

ぼんじり

自分の文章にも本質はなかった

 

ブログを書く前は「この情報は違う(いらない)」と感じることがたくさんありました。

その理由は考えなかったですけどね。

でも自分が発信する側にまわって、あらためて自分の文章を見直してみると自分の文章にも本質はなかったことに気づきました。

自分のブログ記事は他人にとってはいらない情報だったなんて…とショックを受けましたね。けっこう堪える…けれど表現者としては絶対に必要な気付きです。

ブロガーにとって他人の文章にケチを付けることはブーメランとなって自分に返ってくると胸に刻まれた瞬間でした。

 

ブログをやっていなかったら気付かなかったことです。

そこから私は物事の本質を見ようとする癖が付きました。

 

 

2. ストレス発散になる

ぼんじり

ちくしょー!

あんにゃろー!

ふぁーーー!!!

 

 

と言葉にできない感情がわきあがる時が現代社会では必ずあります。

例えば会社で自己紹介をするときがあるでしょう。

そこで自分では会心のネタだと思って披露したものが、ダダ滑りしてしまうとします。

あなたは冒頭のニワトリみたいになってしまうわけです。

 

こんなときにブログがあると便利です。

 

まず記事を書いてみましょう。

書いているうちに自分のネタと社風があっていなかった。もしくは自分と会社の人で教養の差が大きくあった。といったことに気付くかもしれません。

世の中にはあなたが冒した以上の失敗をしている人もいるかもしれません。

新社会人におすすめしない自己紹介の一発ネタ○選のように、さらなるネタにしてみるのもいいかもしれません。

 

とにかく言葉にできない感情を文章にして見ることによって、感情の整理ができます。

見えないものを見える化することは本来、非常に難しいものです。

でもできてしまえば、「大したことないか」と流せる程度のことで収まる物事のほうが世の中には多いです。

それが簡単にできるブログはストレスマネジメントのツールとして優秀です。

 

またあなたの記事を誰かが読んだ際に

だれか

世の中には自分が冒した以上の失敗をしている人がいるんだなあ

 

と安心する人もいるかもしれません。

そんな他人にとっての癒やしも提供できるあなたはとっても素敵です。

 

自分の感情の整理にも利用でき、他人の心も救うことができる。

ブログは最高のストレスマネジメントです。

 

 

3. 自分を保つことができる

新社会人の方々は就活でさんざん自己分析をしてきたことでしょう。

そこで自分がそんな人間なのかを知り、会社にアピールしてきたことと思います。

 

しかし、入社した後は自己をアピールしたり、尊重されたりすることは少なくなります。

会社ではその会社のカラーに馴染むことを強いられるからです。

 

ぼんじり

もちろん私はブラックカラー

 

 

人々が会社へ行くことの本質は「お金をもらうため」です。

そのために自己を殺して会社に染まって生きるのもひとつのライフハックかと思いますが、いくら就活中は内定を渇望した会社とはいえ、会社色に染められることをすんなりと受け入れられる人は少ないと思います。

そういった人たちが自分を保つために有用なことがブログを書くことです。

 

 

冒頭で私はブログで好き勝手書いたろ!と言っていますが、ブログほど好き勝手自分のやりたいようにできるコンテンツはありません。

 

現実では

前例にそぐわない意見は殺します → 私1デス

言ったことに文句を言う人は殺します → 私2デス

言ったことをそのままやらない人は殺します → 私3デス

気に食わないやつは殺します → 私4デス

ぼんじり

 

そんな私ですがブログでは私が好き勝手書いた内容に対して

私の考えに賛同する人間は私にエールを送ってくれます。

私の考えにそぐわない人間もいるでしょうが、そんな人間は私をスルーします。

ブログでは私の思考も思想も、常に見張っている人間はいません。

本当に最高です。

 

 

好き勝手やりたい気持ちは誰にでもあるかと思いますが、会社は暗黙の了解という馬鹿げた風潮であなたの「自分」を殺していきます。

 

どうですか。

ブログであなたの「自分」を育てていきませんか?

なにもしないで現実を生きていくとあなたは他人から殺されますよ。

 

 

まとめ

ぼんじり

とにかく言いたいことはネットって最高!

現実ってほんとクソ!

 

言いたいことも言えないこんな世の中じゃ…って思っているひとはブログで自分を発信していけばいいと思うよ!

 
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。