【レビュー】先生の色気が半端ない!雨瀬シオリ先生の「ここは今から倫理です。」は人生の指南書

Pocket

 

ツイッターを徘徊していたところ
興味深い漫画を発見したのでご紹介させていただきます。

 

ぼんじり
ぼんじり
今回ご紹介させていただくのは雨瀬シオリ先生の「ここは今から倫理です。」という作品です

 

この漫画は先生の色気が桁違い。俗な言い方をすれば先生が非常にエロい。

色気むんむんな先生(男性)が高校生相手に倫理とはなにかを説いてくれるフェチ心をくすぐる作品となっています。

 

 

 

 
 

著者について

雨瀬シオリ(あませしおり)

1990年生まれ。東京都出身。『ディヴィッドの肖像』にて第60回ちばてつや賞奨励賞を受賞。趣味はバイク。

http://morning.moae.jp/lineup/141より引用

作者自身については2018年3月5日現在

上記よりも詳しい情報はわかっていません。

 

作者からの発信を追えるのはブログのみとなっております。

ツイッターアカウントはありません。

ブログリンク→  amedama   /  AMAJIO

 

なかなか謎の多い方です。

 

作品は現在「ここは今から倫理です。」のほかにも

ALL OUT!!というラグビー漫画を書かれております。

 

ALL OUT!!は2016年から2017年に書けてアニメ化されており

個人的にはもっと注目されてもいい作家さんだと感じています。

 

 

ここは今から倫理です。について

内容紹介
「倫理」とは人倫の道であり、道徳の規範となる原理。学ばずとも将来、困る事はない学問。しかし、この授業には人生の真実が詰まっている。クールな倫理教師・高柳が生徒たちの抱える問題と独自のスタンスで向かい合う――。新時代、教師物語!!

Amazon紹介文より引用

物語の冒頭では少し刺激的なシーンがありますが

読み進めるとそんなことはどうでもよく感じます。

なによりも先生の色気が桁違い

俗な言い方をすれば先生が非常にエロいのです。

 

 

そんな先生は倫理は人生にあまり必要ではないと言い切った上で

生徒の問題に対し哲学者たちの言葉を投げかけます。

 

 

ざっくりというと先生が生徒の悩みを解決する漫画なのですが

今までのそういった作品で武器になっていた知力、暴力、財力といったものはあまり重要ではないようになっています。

この作品で出てくる問題は倫理や哲学で明確な答えを得ることが難しいように、完璧な答えを得ることができないからです。

 

いじめに対して「いじめっこが悪い」のか「いじめられっ子にも非がある」のか

といったことや、人間の善さとはなんなのか等

ときに作中の人物に感情移入しながら、また別のときには今の自分の考えはどういったものなのかと深く考えさせられます。

 

 

昨今では作者の考えを登場人物に代弁させ勧善懲悪を行うような、固定視点で話が進行する作品もありますが、この作品は作中で登場する「倫理は人の心に触れ、自分の心に触れてもらう授業です」という言葉通り、他者を通して自分を見るといった客観視点について意識させられる作品となっています。

 

問題解決をしてスカッとする作品もありますが、この作品はそうとは限らないのがポイントですね。人を選ぶ作品だと感じました。

 

 

グランドジャンプ公式ページにて一話の試し読みができます。

単行本もまだ一巻しか発売されておりませんが

可能性と魅力に溢れた素晴らしい作品なので皆さんもぜひ読んでみてください。

気になった方は是非とも単行本を買ってくださいね!

 

私はお試し読みを読み終えたと思ったら、いつの間にかKindleにダウンロードされていました。

ぼんじり

Kindleについてはこちらの記事でイイゾアピールをしているので

よろしければぜひ!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

ぼんじり

2018年3月5日現在

アシスタントさんを募集しているそうです。

この記事を読んでわれこそはという方はぜひ

【アシスタント募集】 『ALL OUT!!』の雨瀬シオリ氏がアシスタントを募集中です。

 

記事トップ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。