【レビュー】こんな大学生活を送りたかった…紙魚丸先生の「惰性67パーセント」が素晴らしい

Pocket

 

 

 

ぼんじり
ぼんじり
今回ご紹介させていただくのは紙魚丸先生の「惰性67パーセント」という作品です。

 

一言感想

ぼんじり

こんな大学生活を送りたかった(泣)

 

詳しくご紹介していきましょう!

 

最新4巻のレビューはこちらの記事で書いています↓

https://bonjiric.com/book-review-april/

 

 

著者について

紙魚丸

AmazonAmazon著者ページより引用

作者の紙魚丸先生の経歴

2010年くらいにコアマガジンのメガストアαで成年誌デビュー
2014年くらいから集英社の『ウルトラジャンプ』にて「惰性67パーセント」連載中

Amazon著者ページより引用

 

ぼんじり

なんとデビューは成年誌なんですねー。

 

その影響か惰性67パーセントの主人公 吉澤みなみ他、女性キャラたちが大変魅力的なキャラとなっております(いろんな意味で)。もちろん竿役もとい男性キャラもひとりひとりのキャラの住み分けがされており、知れば知るほど深みが出るキャラになっております。

 

 

漫画以外の活動では

紙魚丸先生のピクシブなんかを見てみると成年向けの絵はもちろんなのですが、その他にもいろんな絵を書かれているのがわかります。各種イベント向けた作品作りも熱心で、先生の作品が見られるのは紙面上のみではないのがファンとしてはうれしいですね。

 

ツイッターでは模型を作っていたり…

ゲームやっていたりと!

娯楽文化に明るい方なのがわかります。

こういった部分が創作活動に生かされているのかもしれませんね!

 

 

作者について紹介したので

続いては作品、惰性67パーセントについてです。

 

惰性67パーセントについて

あらすじ

美術系の大学に通う、女子大学生・吉澤みなみ。彼女の住む部屋には、毎日友達が入り浸って…!? リア充ってほどではないけれど、ソコソコ楽しい日常が、惰性でダラダラ続いていく。ちょっとエッチで小難しい、女子大学生お部屋コメディ、始まるよ。

Amazon著者ページより引用

 

個人的な感想

恋愛に発展しない男女4人、大学生の日常漫画。

ストーリーなどの目的はない!

一話完結で毎度のオチが非常にいい。

ギャグあり。ラッキースケベあり。

まさに惰性で進行するところがたまらなくいいです。

もっというと巻を重ねるごとにエロ一辺倒ではなくなり

物語としておもしろくなっていく気がしました。

 

一言感想

ぼんじり

こんな大学生活を送りたかった(泣)

 

 

作品についての反応

画像も含めて各人の感想をお楽しみください。

 

 

 

あの吉田輝和さんも出演しております!

 

 

 

内容が気になった方は下のリンクの試し読みへ!

第一話試し読みはこちら(となりのヤングジャンプサイト)

そしてもっと気になった方は是非とも単行本を買ってくださいね!

最新4巻は2018年4月19日発売!

 

私はお試し読みを読み終えたと思ったら、いつの間にかKindleにダウンロードされていました。

ぼんじり

Kindleについてはこちらの記事でイイゾアピールをしているのでよろしければぜひ!

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

記事トップ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。