論文

引用論文書けや!ウーパールーパー全ゲノム解読という新聞記事に対する感想

Pocket

 

 
ぼんじり

ウーパールーパーこと

メキシコサラマンダーさんの全ゲノムの解析が完了したということで

テンションが上がったので記事にしてみました。

 

 


目次

記事トップ

ウーパールーパーのゲノム、ヒトの10倍超 解読に成功 

この記事を読んで思ったこと

引用論文について

まとめ

 
 
 

ウーパールーパーのゲノム、ヒトの10倍超 解読に成功 

 
ウーパールーパーのゲノム、ヒトの10倍超 解読に成功 
2018年2月7日5時3分 
https://www.asahi.com/sp/articles/ASL266TW0L26ULBJ01N.html?iref=sp_new_news_list_n

ゲノムが解読されたメキシコサラマンダー。日本のペットショップなどでは「ウーパールーパー」と呼ばれている 

 日本では「ウーパールーパー」で知られるメキシコサラマンダーの全遺伝情報(ゲノム)の解読に、ドイツなどの国際研究チームが成功し、ヒトゲノムの10倍以上にあたる約320億塩基対あることを突き止めた。 
これまでに解読された生物のゲノムでは最大といい、再生医療研究に役立ちそうだ。英科学誌ネイチャーに発表した。 
 メキシコサラマンダーはアホロートルとも呼ばれるメキシコ原産の両生類。白い体や水中で呼吸するためのエラなど、幼生の特徴を残したまま成体になる。 
日本ではペットとして流通しており「ウーパールーパー」という名前が有名だ。 

 研究チームがDNAを調べたところ、約2万3千個余りの遺伝子が見つかったが、同じ塩基配列の繰り返しが多かった。 
一方、多くの生きもので筋肉や神経の成長にとって重要な働きを持つ遺伝子「Pax3」がないなどの特徴があることがわかった。 
 メキシコサラマンダーは脚を失っても丸ごと元に戻る高い再生能力を持っており、こうしたDNAの特徴が能力の秘密に関係している可能性がある。 
研究チームは「今回のゲノム解読は、世界中の再生医療の研究者にとって強力な手助けになる」としている。(小堀龍之) 


メキシコサラマンダーは実験動物として各国で飼育されている(オーストリアの分子病理学研究所〈IMP〉提供)

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1517955061/

 

 

スポンサーリンク

夏は涼しく、冬は暖かく!ペットにも家計にも優しい水循環マット!

この記事を読んで思ったこと

・引用論文が記載されていない

・著者名が記載されていない

 

いや、そういうことかーい!と突っ込まれそうですが

ここが理系出身者として不満だったので論文について調べたうえで

私の考えをぶち込んでみました。

 

何個か記事では情報が正確ではない点があったので

それらも指摘しながら解説していきたいと思います。

 

引用論文について

ぼんじり

ということで引用元の論文はPubMedで調べました。

メキシコサラマンダーの学名「Ambystoma mexicanum」とゲノム「genome」で検索すれば一発で出てきました!

 

タイトル「Virtual Genome Walking across the 32Gb Ambystoma mexicanum genome; assembling gene models and intronic sequence」

著者:Teri Evans, Andrew D. Johnson & Matthew Loose

 

以下、論文リンク

・PubMed

・引用元論文ページ

・論文PDFデータ

 

 

と、ここで上記朝日新聞の引用記事では

英科学誌ネイチャーに発表した

と記載されていますが、

 

これを厳密に

 

Nature系の掲載誌である「Scientific Reports」に掲載された。

言い直すことが必要であると私は感じました。

 

 

論文雑誌ののインパクトファクター(論文の影響力の高さ)は

NatureとScientific Reportsの各サイトの情報を元にすると

 

Nature のインパクトファクターは36.101になります。

https://www.natureasia.com/ja-jp/nature/about-journal/より引用

Scientific Reports の Impact Factor は5.078で、総合科学分野で5位でした。

https://www.natureasia.com/ja-jp/srep/journal-information/faq#q9より引用

 

Natureは36.101、Scientific Reportsは5.078ということが明らかとなりました。

 

インパクトファクターはざっくりいうと論文雑誌の力の大きさです。

Scientific Reportsも論文雑誌としてはNature系雑誌なので権威ある雑誌なのですが、本家Natureと比べるとかなりの差があります。

 

ぼんじり

両誌を混同して報道してしまうと

読んだ方々に学術的な価値を誤認させてしまいませんか?

 

 

 

もちろん読者の中にNatureとNature系雑誌の違いがわかる方がいるか?ということから

一般的に知名度の高いNatureの名前を出すことは効果的なのかもしれませんが

何れにせよNature系掲載誌であるScientific Reportsと記載したほうが事実の湾曲がなく良いかと思います。

 

個人的にこういった学術論文系の記事は引用元の論文情報もほしいと思っているので

今回のような事実と異なる情報があると検索がめんどくさくなるので困ります

 

ぼんじり

引用元がない記事は本当かどうかわからないので

読む価値がないと思ってます

 

 

ぼんじり

メキシコサラマンダーの学名「Ambystoma mexicanum」と

ゲノム「genome」で検索すれば一発で出てきました!

 

と先に述べましたが

 

厳密には論文掲載誌、著者情報、論文内容の順に情報を判断し、目的の論文なのかを判別しているので

必要な情報がない!事実と異なる情報がある!となるとクッソめんどくさくなるので腹がたちます。

こういった記事を書かれる方は事実をしっかりと記述していただきたく思います。

 

 まとめ

論文の内容そっちのけで元記事の批判(?)ばかりになってしまいました。

ただ、昨今の研究分野に関する報道は報道関係者の都合の良いように内容が解釈されており、場合によっては事実と異なる内容にも取れるようになっている、もしくは事実とは大きく異なる内容にされているものもあります。

 

私は理系出身でわずかながらですが研究の世界で過ごしてきたため、今回のような分野外の方には違いがわからないようなこともわかりましたが、もし次回、自分が正しいか判断できない報道があった際に報道内容を素直に受け取れるよう、報道関係者には「一般の方には細かな違いでも、その道の方には大きな違いである」と判断されるようなことは殊更慎重になって報道されるよう願っています。

 

あと、気が向いたら論文の内容についても説明します。

更新したらツイッターでお知らせします。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。