自動車

ホンダのSports Hybrid i-MMDとは 構造・特徴・搭載車を解説

Pocket

 

 

最近は自動車のハイブリッドシステムといっても非常にたくさんありますね。トヨタのTHSであったり、日産のe-Powerであったり…

今回はその中でもホンダのi-MMDというシステムについてご紹介させていただきます。

 

 

 

 

はじめに

i-MMDは正式名称Sport Hybrid i-MMD(Intelligent Multi-Mode Drive)といいます。

http://www.honda.co.jp/tech/auto/i-mmd/sp/

 

基本的にはシリーズハイブリッド方式にあたるため、日産のe-Powerの親戚とも言えるシステムです。

ただし状況に応じてシリーズハイブリッド、パラレルハイブリッドのモードを切り替えて走行するため、そういった大枠に収まらない部分もあります。

 

まずはシリーズ、パラレルのハイブリッドシステムの違いについて説明します。

 

シリーズ/パラレルハイブリッドとは

シリーズハイブリッドはエンジンを発電に専念させ、エンジンが発電した電気を使ってモーターが走行を行います。

 

エンジンとモーターが仕事を分担して、お互いに得意なことをしていることが特徴です。

そのおかげでエンジンは常にエネルギー効率の高い領域で発電することができますし

モーターは発進直後から太いトルクを発揮し、静かに、滑らかに自動車を走らせることができます。

 

ぼんじり
ぼんじり
日産のe-POWERはこれにあたるよ

モーターの力強い加速力が魅力的!

 

 

パラレルハイブリッドはエンジンとモーターの動力配分を状況に応じて変動させて走行するシステムです。

一般的にエンジンは低回転域では出力、燃費、環境性能が低いという特徴があります。

一方でモーターは低回転から大トルクを発揮することができますが、高回転域ではエネルギー効率がエンジンより悪くなります

 

こういったそれぞれの特徴をふまえて

パラレルハイブリッドは発進時や低速走行時はモーター、高速走行時はエンジンの動力配分を高めることで、エンジンとモーター両者のいいとこどりをするシステムです。

 

ぼんじり
ぼんじり
エンジンとモーターの共同作業!

トヨタのTHS、ホンダのi-DCTはこれにあたるよ

 

 

だいぶざっくりと説明しましたが今回はこのくらいにしておきます。両者の詳しい説明は他の記事で書きます。

さて、いよいよi-MMDについての説明にうつらせていただきます。

 

2. i-MMDとは

f:id:wasurenaiyounine:20171101202340p:plain

Honda | 「STEP WGN/STEP WGN SPADA」の改良モデルをホームページで先行公開

i-MMDは2017年9月末に発売されたSTEPWGN SPADAに新しく搭載されたハイブリッドシステムです。

今まではAccordOdysseyにしか採用されていなかったこのシステムですが

ようやくSTEPWGNにも搭載!

 

なんとモータースペックからエンジンスペック、バッテリー(容量1.4Kwh)までアコード、オデッセイと共通!

 

ステップワゴン待望のハイブリッドモデルの登場とあって非常に注目されています。

 

ぼんじり
ぼんじり
 そんなi-MMD搭載車はパワフルに走れるし燃費もいい!

あかべこ
あかべこ
夢のようなクルマだね

i-MMD概略図

 

ぼんじり
ぼんじり
ポイントは3つの走行モード! 

i-MMDは

・EV DRIVE

・HYBRID DRIVE

・ENGINE DRIVE

3種類の走行モードを切り替えて燃費と走りの良さを両立しています。

 

 

EV DRIVE & HYBRID DRIVE モード

EV DRIVEモード概略図

※アニメーションGIFです

 

 

EV DRIVEはバッテリーの電力のみで走る電気自動車モードのことです。

 

ぼんじり
ぼんじり
なんとi-MMDはエンジンを持つ電気自動車なのです

あかべこ
あかべこ
e-POWERと同じだね

 

HYBRID DRIVEモード概略図

※アニメーションGIFです

 

HYBRID DRIVEはエンジンが発電した電力でモーター走行するというモードです。

EV DRIVEはBEV(バッテリーEV)的な走行モード

HYBRID DRIVEはいわゆるシリーズハイブリッドですね。

 

ぼんじり
ぼんじり
しかしホンダのi-MMDが既存のシリーズハイブリッドと違うのはここからです。 

 

ENGINE DRIVEモード

ENGINE DRIVEモード概略図

※アニメーションGIF

 

以上の2つのモードに対して、毛色が異なるモードがENGINE DRIVE。

字面だけで判断するとエンジンだけで走るモードと勘違いしてしまいますが、

このモードは他で言うパラレルハイブリッドなのです。

 

あかべこ
あかべこ
なんやて

 

ENGINE DRIVEは高速巡航時(具体的には70km/h以上の速度下)に使用するモード。

高速域ではエネルギー変換ロスの生じるモーターをサポートに回し、効率の良くなるエンジンをメインにする

また、エンジンが駆動輪に直結しているこのモードのときに加速しようとすると、モーターが駆動力を供給し、エンジンをアシストします。

 

ぼんじり
ぼんじり
このようにi-MMDは状況に応じて 

あかべこ
あかべこ
主役を交代させることで 

ぼんじり
ぼんじり
常にいいとこ取りをして走るかしこいシステムなのです。 

あかべこ
あかべこ
すごいでしょ? 

 

3. i-MMDはすごい!…けど

i-MMDが優れていることの証左はアコードの性能からも見て取れます。

アコードは車両重量1600kg(EXグレード)、JC08モード燃費では30.0km/Lとなっています。燃費投稿サイトe燃費によりますと実燃費は18.51km/L、燃費ランキングでは17位と健闘しています(2018年3月19日時点サイト掲載情報より)。

 

同等の車格のトヨタ・カムリが実燃費17.66km/L、同ランキング57位であることを考慮すると、アコードの燃費性能の良さ、ひいてはi-MMDのシステムとしての優秀さがわかります。

 

これはトヨタのハイブリッドシステムTHSがプラネタリーギアによってエンジン、走行用モーター、発電用モーターを分割しているところを、i-MMDでは動力分割を使わずにシステムをシンプルにしてロスを防いでいることに起因します。

このシステム構造により、走行エネルギーの伝達効率はもちろん、回生効率も向上しているため、燃費が良いのだと考えられます。

 

さらに加速性能はアコードは排気量2.0Lで0-100km/h加速が7秒台に対し、カムリが排気量2.5Lで0-100km/h加速が7秒台と、アコードのほうが排気量が少ないにも関わらずカムリと同等の加速性能を示しています。

これも低速域におけるモーターの大トルクと、高速域におけるエンジンの出力をロスなく引き出すi-MMDの功績かもしれませんね。

 

しかしながらそんなi-MMDにもデメリットがあります。

 

エンジンとモーターの両方が自動車を走らせるだけの高い性能を持っているのに、走行性能に関してはどちらか片方しか使えないことが大半のためもったいないということが挙げられます。

 

これは消費者に重要な部分、価格に繋がる部分です。

高性能な動力源をふたつ、しかもそれらを制御する高性能なユニットも必要、加えて大容量のバッテリーも搭載ときたら価格はぐんぐん上がります。

 

その証拠にSTEPWGNに搭載されるまではAccordやOdysseyといった400万円オーバーの車種にしか搭載されておらず、STEPWGNに関しても上位グレードのSPADAにしかラインナップされていません。

 

ぼんじり
ぼんじり
いいクルマでも高くて売れなきゃ意味ないよね 

あかべこ
あかべこ
悲しいけどそのとおりだね

 

 今後i-MMDがFitなどのコンパクトカーにも搭載されるなどの噂もありますが、

システムの小型化、コストの削減などのハードルが高くそびえています。

 

そのためしばらくの間、ホンダはこのi-MMDをベースにしたPHEVの開発や、i-MMDに使われている要素技術を用いた製品を開発していくのでは?と私は考えています。

i-MMDは容易にPHEVへ応用できる技術なので、今後の世界的なEVの潮流に乗るためどんどん搭載車を増やしてほしいところです。

 

(2018/03/02更新)

と思ったらCR-Vや新型インサイトにも搭載されますね。

あわせて読みたい
ホンダ新型インサイトは全く売れないと予想!理由は3つ    この記事の趣旨 ホンダが新型インサイトを発表とのこと ・プラットフォームはシビックと共通 ...
あわせて読みたい
新型インサイトを出すならフィットにi-MMDを載せろという話    この記事の趣旨 https://bonjiric.com/insight/ 正直...

 

 

終わりに

昨今の海外での売上はどんどん調子を上げているホンダ。

日本国内では軽のNシリーズが絶好調。

 

しかしながら

ハイブリッドではインサイトがトヨタプリウスに負け

フィットはハイブリッドシステムのリコールもあり

あまり良い印象がないといったところです。

 

今回のSTEPWGN、i-MMDでホンダが勢い付いてくれると車好きとしては嬉しいです。

今後のホンダに期待です。

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。