自動車

【TMS2017】誰が買うのか気になる車 VW Golf GTE

Pocket

   

ぼんじり

東京モーターショー(TMS)2017を

ご覧になった方はいらっしゃるでしょうか?

今回は私がTMSで気になったクルマである

ゴルフGTEについてご紹介させていただきます。

https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/golfgte.html

 

 

ゴルフGTEとは

 フォルクスワーゲンがゴルフをベースに開発したプラグインハイブリッド車(PHEV)です。

【東京モーターショー2017】VW ゴルフ に2つのe-モビリティ…GTE と e-ゴルフ[詳細画像] | レスポンス(Response.jp)

位置づけとしてはGTIと並ぶハイパフォーマンスモデル。

パワートレインも1.4Lターボエンジンにそのままモーターとバッテリーを乗っけた、燃費を考えながらもパフォーマンスのためにモーターを利用することもできるといったクルマです。

 

日本の燃費を最優先で考えられた(個人の感想です)ハイブリッドとは一線を画すハイブリッドカーですね。

さて、そのスペックのほどは?

 

性能

搭載エンジンは1.4L直列四気筒ターボで110kw(150ps)/5,000-6,000rpm、最大トルク250Nm/1,500-3,500rpm。

モーター性能は80kw(109ps)/330Nmでシステム全体の出力としては150kw(204PS)/350Nmを発揮。

トランスミッションはVWお得意のDSG(DCT)でモーターはエンジンとギアボックスの間に収まっております。

システムレイアウトとしてはホンダ FIT2ハイブリッドに搭載されていたIMAに似ていますね。

IMAとの違いはエンジンとモーターの間にクラッチを設けてそれぞれ独立させた走行が可能になっている点ですかね。

要するにEVのみの走行が可能なフルハイブリッドってことです。

 

低回転からトルクモリモリのターボに、これまた一般的にトルクモリモリのモーターが搭載されている為、ワインディングなどのコーナーの立ち上がりが面白そうです。

個人的にはトルクモリモリの車は普段使いでもパワーが感じ取れて好きなのですが、モーターサポートが有るならエンジントルクを少し抑えて、エンジンとモーターの分業をしたほうが燃費に効いてくるのでは?と思ってしまうところもあります。

VWとしては既存エンジンにモーターをポン付けするだけでできるこの仕様が楽なのだと思いますが…。

その証拠にエンジンルームのレイアウトを見ると、システムがみっしりと詰まっており(下記リンク参照)、PHEV化にあたっての苦労が並ではないのが感じ取れます。

プラグインハイブリッドのVWゴルフGTE発売 【ニュース】 の画像6枚 – webCG

 続いて他社PHEVとの比較に参ります

 

 他PHEV(プリウスPHV)との比較

スペックだけ並べられてもいまいちどんなものなのかわかりづらいので、日本のPHEV車とゴルフGTEのスペック比較をしてみました。

 

比較対象はトヨタ プリウスプライム(日本名 プリウスPHV)ご存知、日本の大衆車メーカートヨタ。日独の大衆車メーカーのPHEV比較となります。

 

まずはスペック比較表!

f:id:wasurenaiyounine:20171118174922p:plain

 ポイントとなるところを青字にしてあります。

 

これ見ると両者は同じ視点から評価することのできない、タイプの異なる車だということがわかります。一言で表しますと

ゴルフはスポーツハイブリッドカー、プリウスは最先端エコカーといったとこになりますね。

プリウスに関してはとにかくエコとしか言い様がないのですが、私の語彙力ではこの表現しかできませんでした。ご容赦ください。

 

まず走行性能に関して言えば

ゴルフは204馬力、0-100km/h加速が7.6秒と

121馬力、0-100km/h加速が11秒のプリウスと比べると

段違いの走行性能を持っていることが明らかです。

 

ゴルフはハイブリッドなのにターボエンジン!モーターをブースター的に使っている点が今までのハイブリッドカーとは異なっており、非常に興味深いと感じるポイントですね。

 

プリウスも車格に負けない程度の必要十分なパワーを持っており、刷新されたTNGAによって車体自体のポテンシャルも十分だといえます。

 

どのような走りをするかにもよりますが、両者、本来想定されている走行シチュエーションにコミットした性能があるようです。

しかしながらスペック上の走行性能はゴルフに軍配が上がります。

 

次に気になる燃費性能に関してはプリウスの圧勝ですね。

ハイブリッド燃費、電費ともにプリウスは勝っており、トヨタの誇るハイブリッド技術が世界の最先端ゆくものなのがわかります。

プリウスはエンジンもアトキンソンサイクルでとにかく熱効率を求め、搭載されている電装部品もエネルギー効率が高められており、エネルギーを余すことなく使い切るという考えの元にすべての部品が働いているといっても過言ではありません。

 

その点、ゴルフに関しては既存エンジンにシンプルなシステム構成とまだまだ煮詰められるポイントが数多くあります。

VWがどこまで燃費に関心を持っているのかわからない部分はありますが…。

 

そして価格に関してもプリウスに軍配が上がります。

世に出始めた頃のハイブリッドでしたら価格の高さもプレミアム感の演出としてプラスに働くこともあるかと思いますが、ハイブリッドの浸透した現在においては、正直いくらなんでもこの性能でこの値段、セールスは見込めないでしょう。

 

それでもVWがゴルフのPHEVを販売し始めたのは、大衆車メーカーとして加速するEV化への対応を示すための戦略的な面が大きいでしょう。

欧州はディーゼル車による大気汚染への対応としてEV普及をこれから急速的に進めます。

それに対する布石としてVWはEV化への意欲を示し、リーダーシップを発揮していかなくてはなりません。

 

新規メーカー参入などによりEVを取り巻く環境は日々、急速に変化している為、VWやトヨタといった大企業もどこがこれからの覇権をとるか必死になっていることでしょう。

願わくばその結末が私のような自動車好きを増やすことに繋がってくれればよいのですが…。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。