ゲーム

ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし タートナックの簡単な倒し方について

Pocket

 

 

最近はメルカリなどの中古ゲームが安く手に入るところでまとめ買いしたGBAソフトをちまちまやっています。

今回は最近プレイしたゲームの一つ「ゼルダの伝説ふしぎのぼうし」のピンポイントな攻略法についてご紹介させていただきます。めちゃんこピンポイントな内容になりますがよろしくお願いします。

 

 

 

ゼルダの伝説ふしぎのぼうしとは

『ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし』(ぜるだのでんせつ ふしぎのぼうし、英題:The Legend of Zelda: The Minish Cap)は、2004年11月4日に任天堂から発売されたゲームボーイアドバンス用アクションアドベンチャーゲーム。

 

物語

その昔、ハイラルの地が魔物に襲われた時、天から「ピッコル」という小さな種族が現れて黄金の光と一振りの剣をもたらし、人間の勇者がそれらを携えて魔物を封じたという。封印に用いられたピッコルの剣はその後ハイラル王家の元で代々管理され、ピッコルの伝説は後の時代に語り継がれている。

ハイラル王国の城下町では、ピッコルへの感謝を表す一年に一度の祭典「ピッコル祭り」が開催されていた。王国の王女・ゼルダ姫は、その祭りに誘うため、町に住む幼馴染の少年・リンクの家を訪れた。リンクは、祭りの恒例行事である武術大会で優勝者に贈られる剣を祖父から託され、ゼルダ姫とともに町へと向かった。

祭りのひとときを楽しんだのち、二人はハイラル城内へ行き武術大会の表彰式に臨んだ。会場には、大会で優勝した男・グフーが現れた。すると次の瞬間、グフーは強大な魔力を発して城内に安置されていたピッコルの剣を折り、魔物の封印を開放、さらにはゼルダ姫に呪いをかけ石にしてしまう。リンクは姫を守ろうとしたが、為す術もなく跳ね飛ばされ、そのまま気を失う。

目を覚ましたリンクは、ハイラル王のもとへ呼ばれた。王は、ゼルダ姫を元に戻すためにはピッコルの剣の力が必要だと語り、剣の修復のためピッコルたちが暮らす森へ向かうようリンクに依頼する。リンクは、折れたピッコルの剣と祖父が鍛えた剣を手にし、冒険へと旅立った。

Wikipediaより引用

 

ゼルダの伝説シリーズの時系列としてはスカイウォードソードの後、ハイラル建国後の物語となります。他の物語とはガノンドロフ、マスターソード、トライフォースが出てこないと言った点で大きく異なります。加えて出て来るアイテムも基本的な剣、弓矢、ブーメランはあるものの、その他のアイテムやシステムは他にはない異質なものが多いです。

 

特徴的なシステムとしては体の縮小化があります。

前述の通り本作ではピッコルという種族との関係が重要になっているのですが、ピッコルは町中や野山、湖などいたるところにいるものの、体が小さいためそのままの体の大きさでは接することができません。そこで物語の中で出会うふしぎのぼうしのエゼロの力を借りて、体を縮小させたり元の大きさに戻したりしながら冒険を進めることになります。

通常の体の大きさでは何ともない敵も小さい体では強敵になったり、通常の体の大きさでも強い敵を、小さくなった体で敵の体内に入れば倒せたりと、敵を倒すことはもちろん、謎解きのためにもこの体の縮小化が重要になってきます。

ゼルダの伝説の有名タイトル比べると、地味で目立たないタイトルとなっていますが、個人的には内容もシステムもおもしろいのでおすすめです。

 

 

タートナックの倒し方について

タートナックとは

ゼルダの伝説シリーズに登場する敵。だいたいは中ボスとして出てくる。

鎧に身を包み、剣と盾を駆使する強敵。ガードされないよう、隙を見て攻撃する必要がある。

https://www49.atwiki.jp/aniwotawiki/pages/16845.htmlより引用

ふしぎのぼうしでもこのとおり要所要所でなにかを守るために配置されている敵キャラクターです。

見ての通り甲冑に身を包み剣と盾を持っているため、ボス以外のキャラの中では一番攻守に優れたキャラと言えます。

現実の戦闘の観点から見ると、お互いに相手の盾と盾、剣と剣が相対するあたり、非常にテクニカルな戦いとなっています。急所である心臓を盾で守っているタートナックが有利かな?

ちなみに画像は1体のタートナックが分身しているのではなく、見た目通り3対1で戦っています。

 

タートナックを倒すためには、防御の要たる盾を避けて攻撃をあてなくてはなりません。

そのためには相手の攻撃終わりのスキをつくことが一番簡単です。

基本的な戦い方は画像のようにタートナックを見習って剣と盾を構えることなのですが、お互いに盾を構えて攻撃終わりに剣を振るようなチマチマした戦い方は正直めんどくさいです。なので積極的に相手の隙を作るようなことをしましょう。

 

相手の隙を作る方法は

  1. ころがるをつかう
  2. はねマントをつかう
  3. 大回転斬りをつかう
  4. バクダンをつかう

以上の4つです。ひとつひとつご紹介させていただきます。

 

1.ころがるをつかう

うまく操作すればリンクはタートナックなんかより遥かに早く動けるのでこれで隙を作ります。

狙うはタートナックの盾のない右手側。これは相手の攻撃も受けやすくなってしまうのですが、基本的に攻撃モーションに入ったときの剣に当たらなければ大丈夫です。

タートナックを中心に時計回りにころがるで移動して、隙ができたら剣で攻撃。可能ならば回転突きで攻撃(回転突きは普通の攻撃よりも大ダメージ)。あとは正面からでも敵の右手側にころがるでつっこめば攻撃を入れられます。このとき回転突きなら尚良し。

以上です。

この動きはこれからの方法と合わせて使う基本的な動きです。その気になれば剣のみで勝てます。

 

 

2.はねマントをつかう

1の方法とそこまで変わりません。はねマントで正面からジャンプをしたところを、敵が間抜けに剣を振ったら勝ちです。

正直、一回の行動が終わるまでの早さはころがるのほうが早いですが、隙を作りやすいのでパターンが分かれば簡単です。

終盤にならないと使えないので活かせる機会があまりないのが欠点。

 

3.大回転斬りをつかう

たぶんこれが一番早いと思います(名言)

セオリー通り狙うはタートナックの盾のない右手側。大回転斬りを始めたらタートナックを中心に時計回りに移動。大回転斬りはダメージも大きい上、攻撃も当たりやすいので最短で倒したいのならこの方法が一番。はねマント同様、終盤にならないと使えない点が欠点。

 

4.バクダンをつかう

バクダンの爆風をタートナックに当てれば、しばらくのあいだピヨらせることができます。その隙に攻撃を当てまくればよし。リモコンバクダンなら任意のタイミングで爆発させられるのでなおよしです。

はねマントや大回転斬りといった方法よりもずっと早い段階からできるのでおすすめです。

 

しかしこの方法の本当の素晴らしさは、剣すら使わずにタートナックを倒せる点です。

盾がない部分にバクダンを投げつけるとしっかりダメージが入ります。ころがるで間合いを取りながら、盾のない右手側に投げまくれば簡単です。加えてリモコンバクダンなら以下略。

 

まとめ

ころがるを使うのは基本として考えると

使いやすさは大回転斬り>はねマント>バクダンですが

序盤から使えることと、間合いさえ取っていればこちらはダメージを受けにくいという点でバクダンをつかう方法は良いと感じます。

 

いつかは機材を揃えて、それぞれの方法の動画を撮ってアップしたいなあ(遠い目)と考えています。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

created by Rinker
任天堂
¥16,959
(2018/11/21 15:12:34時点 Amazon調べ-詳細)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。