ラーメン食いてえ!白井慶太先生の「ヌードルヘル」は読むラーメン二郎

Pocket

 

 

 

 

ツイッターを徘徊していたところ

興味深い漫画を発見したのでご紹介させていただきます。

 

ぼんじり

こちらの漫画は

ラーメン好きな人たちを描いた漫画です。

読了後はラーメン食いてえ!と言いたくなること間違いなし!

 

 

目次

記事トップ

1. 著者について

2. ヌードルヘルについて

まとめ

 
 
 

1. 著者について

 
白井 慶太

 

 白井慶太 先生
画像はAmazon著者ページより引用
 
 
 
著者漫画の紹介文を引用させてもらうとほのぼのとしていたりちょっと不思議であったりする1話数ページのショート漫画を描いている漫画家さんです。
 

 
絵の特徴としては輪郭線が太く、黒ベタが多用されたハッキリとした画風です。
スッキリハッキリとした印象が強いですね。
 
 

漫画の内容からして相当なラーメン好きなことが伺えます。

 
 

 

2. ヌードルヘルについて

著者ツイッターアカウントより引用

ラーメンはあまり出てこない、ラーメン好きな人たちの話を集めた描き下ろし115ページの短編集です。

Amazon商品紹介より

 

 

ぼんじり

一言で言うと

めっちゃラーメンを食べたくなる漫画です。

 

登場人物のラーメン愛が深すぎて、

登場人物の行動はラーメンを中心に回っている。

そこまでラーメンは出てこないのに(錯覚)

加えて、女の子がかわいい。ラーメン愛がガチ。かわいい(二度目)。

 

とにかく読んでみればその意味がわかると思います。

 

 

 

 

なんと
こちら2月1日まで無料キャンペーン中です。

これを機会に白井慶太先生の作品に触れてみてはいかがでしょうか。

 

 


 

続いては読者の感想です。

以下、Amazonレビュー、ツイッターでも反応を引用

 

ニコニコを見てきになったので購入。
あちらもラーメンネタがありましたが
こちらは一応ラーメンオンリー。
(一般的なグルメ漫画でない)
メシテロにはならないが
なんとなく今日は
ラーメン食べようかなと思わせます。

 

ラーメンのマンガというよりは、ラーメンが好きな人たちのあれこれを描いたマンガ。

読み終わった日の昼、普段あまりラーメンを食べない私ですがラーメンを食べに出掛けました。

素朴ながらも可愛い絵柄と、当たり前のように入り込んでくる不思議な世界観が楽しい作品でした。

ラーメン食べるときに思い出しそうです。

書籍化したら是非購入したいと思います。

 

 

 

 

ぼんじり

みんな一様にラーメンが食べたくなるという感想を言っていますね。

皆さんもヌードルヘルを読んでラーメン欲を高めましょう。

 

 

ちなみに

あしたのヤングジャンプ笑うメディアクレイジーでも白井慶太先生の作品が見られます。

絵柄や内容に興味を持った方はぜひ!

ぼんじり

電子書籍なら購入後すぐ読めるのでおすすめです

電子書籍リーダーのKindleについてはこちらの記事でイイゾアピールをしてます

よろしければぜひ!

 

 

 まとめ

画風といい、作品の世界観といい、なんとなく「それでも町は廻っている」の石黒正数先生を彷彿させるかただと感じました。
 
発売されている作品は今回ご紹介させていただいた「ヌードルヘル」のみ!
これからの活動が楽しみな作家さんですね。
今後も白井慶太先生の活動に注目していきたいと思います。
 
 
最後までお読み頂きありがとうございました。
 
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。