自動車

プリウスに乗っている人は注意!めっちゃ盗難されます

Pocket

 

 
ぼんじり

プリウスが日本での盗難数の多い自動車一位になりました。

本記事ではそのニュースに関して書くとともにその理由についても考察してみます。

 

 

 
 

盗難被害車両、トヨタ プリウス が4年連続トップ

盗難被害にあった車の5台に1台はトヨタ自動車のプリウス――。日本損害保険協会は1日、車の盗難による保険金支払いに関する調査結果を公表した。昨年11月の1カ月間の、国内の損保各社による状況をまとめた。協会は毎年11月の状況を抽出し公表している。

 保険金支払いは278件あり、前年より22件減少。盗難に遭った車種は、トヨタのプリウスが62件(22・3%)で4年連続で最多。2位以下はランドクルーザーが32件(11・5%)、ハイエースが28件(10・1%)、レクサスが25件(9・0%)とトヨタがつくる車が続いた。5位は日産自動車のスカイラインが14件(5・0%)。協会によると、盗難車は解体されて海外に持ち出され、現地で組み立てて再販売される例が多い。海外で需要のある車種が狙われやすいという。

 発生場所は、大阪府58件(20・9%)、愛知県56件(20・1%)、茨城県38件(13・7%)、埼玉県30件(10・8%)、千葉県26件(9・4%)だった。港があり、交通網が発達している地域での被害が目立つという。

 また、車上荒らしや部品盗難で保険金を支払ったケースは577件だった。発生場所は、大阪府136件(23・6%)、愛知県132件(22・9%)、千葉県47件(8・1%)、兵庫県41件(7・1%)、奈良県26件(4・5%)。

 協会は、車に警報装置を付けたり、防犯カメラのある駐車場に止めたりして、複数の防犯対策を講じるよう呼びかけている。(河合達郎)

https://www.asahi.com/articles/ASL3153XNL31UTFK00M.htmlより引用

 

 

プリウスって海外の需要が高いの?

協会によると、盗難車は解体されて海外に持ち出され、現地で組み立てて再販売される例が多い。海外で需要のある車種が狙われやすいという。

私が気になったのはこの部分!

プリウスって海外需要高いの?

 

というわけで調べてみました!

 

ぼんじり

その結果わかったのは

東南アジアでは(盗難された)プリウスの需要が高い!

ということです。

 

ぼんじり

その根拠のひとつは

ハイブリッドカー(HEV)は北米、欧州では需要が低い

 

参考:ハイブリッド車人気、なぜ日本ばかり?

以上の記事ではHEVの販売台数に占める割合は日本がダントツで

欧州、欧米では自動車販売台数に占める割合は少ない

ということが言われています。

 

ぼんじり

根拠その2

今後東南アジアでのHEV需要が上がる

 

参考:平成27年度エネルギー使用合理化委託促進基盤整備委託費新興アジア諸国における自動車の需要動向等調査事業報告書

 

これはかなり情報量が多いのですが

簡潔に言うと東南アジア諸国がHEVやEVの普及を促すべく動いているよ

という内容になっています。

そのため東南アジアでもHEVの需要が高まっていくと考えられます。

 

ぼんじり

根拠その3

東南アジアでの販売価格

 

参考:トヨタ:プリウスのインド国内販売価格は最高約560万円

 

日本では最も高価なグレードでも320万円ほどのプリウスですがインドではなんと最高で560万円!

他にもタイではトップグレードで345万円シンガポールでは1,540万円

東南アジアでのプリウスの価格は日本からしてみると高価!

 

そんな高価なプリウスが安く売られていれば

欲しい人はすぐにでも買ってしまうのではないでしょうか

 

ぼんじり

以上の3点を総合して

東南アジアでは(盗難された)プリウスの需要が高い!

と結論付けました。

 

 

加えてインドなどの東南アジアは日本からそれなりに近いですし

日本より高値で取引されているとなれば盗難が多くなるのも納得ですね

※盗難されたプリウスがすべてアジアに持ち出されていると言っているのではありません

   また盗難者は東南アジア諸国に属する者だということを言っているのではありません

 

 

ぼんじり

以上

へっぽこな考察でした

 

 

最期までお読み頂きありがとうございました。

記事トップ

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。